活性酸素が直接老化の原因になるわけではない!

老化の原因としてすっかり悪者になってしまった活性酸素ですが、実は、活性酸素が直接老化の原因になっているわけではないのです。

その理由はこうです!

まず、活性酸素が体内の不飽和脂肪酸を酸化させます。
すると、不飽和脂肪酸は、過酸化脂質という物質に変化します。

実はこの過酸化脂質が、体内で細胞や臓器に、害を与える直接の原因になっているのです。

この活性酸素の予防法としては、タバコをやめる。飲み過ぎない、食べ過ぎない、放射線を浴びない、激しい運動をしないなどが挙げられます。

また、活性酸素を無毒化する酵素を発生させるにはSODという酵素が体内にありますが、これは亜鉛を摂取すると、よく働くようです。

 

また基本的に、アンチエイジング作用のある食べ物を多く食べるといいようです。

だいたい野菜や果物に多く含まれています。

参考でにしてくださいね、